幸せそうなカップル

最近の指輪とは

銀の指輪

結婚指輪は、素材は鉄でしたが、時代とともに金へかわり、現在でも欧米での主流は金の結婚指輪だそうです。日本では、近年はプラチナの指輪を選ぶ方が多いそうです。結婚指輪を左手にはめるのは、西洋の習慣では指輪は左手の薬指にはめると「愛情」を示すと言われています。日本に結婚指輪が浸透したのは戦後で、元々はキリスト教式の儀式であるためその歴史は浅いですが、結婚生活における愛情や契約の精神を象徴すると広く考えられるようになったため、宗教的な意味合いを超えて、現在は神社で行われる人前式でも指輪の交換を行う場合が多いです。

日本では結婚式一つをとっても、ホテルや結婚式場、神前式やレストランウェディング等様々な形態の結婚式を挙げていますが、どの場合でも指輪の交換をすることが多いです。また、毎日つけても錆たり傷ついたりすることが少ない、シンプルなデザインでプラチナでできている物が人気なようです。中には、自分達でデザインをして、オリジナルの指輪を作る人達もいます。結婚指輪は、周囲の人に「私は既婚者です」とアピールできるものでもあり、男性でも結婚指輪を付けている人は多いです。また、以前ほど価格にこだわりを持たず、好きなデザインのものを選ぶ人も多くなっているようです。仕事等で指にはめることができない人は、ネックレスにして身に付けている人もいるようです。