幸せそうなカップル

現在のプロポーズ

外国人新郎新婦

現在の男性に多く見られる傾向は、お互いが結婚したいと意識した上で婚約指輪を渡しプロポーズするというものです。サプライズではサイズの問題もあるため、効率的だといえます。

良いショップとは

指輪2つ

婚約指輪を購入するときは、知名度の高いブランド店で購入することが多いです。しかし、婚約指輪はファッションリングとは違い、一生身につけるリングですので、購入後のアフターフォローがしっかりしている店を選ぶのが大事です。

歴史と今後

プロポーズ中

愛を象徴するデザインが人気の理由。ハワイアンジュエリーは東京にある専門店で購入出来るので、結婚指輪をお探しの方は要チェック!

王室御用達としても知られるティファニーの結婚指輪は夫婦の宝ものになること間違いなし!ダイヤモンドを最も美しく見せるデザインが特長!

現在の純白ドレスがウェディングドレスのベースになったのは、19世頃のビクトリア女王の結婚式からだといわれています。中世のヨーロッパでは、白以外の赤や黄色などのカラフルな色合いのドレスが婚礼衣装になりました。なかには、黒のような暗い色が花嫁のドレスとして着用された時代もありました。現代では、ウェディングドレスは、純白でAラインやプリンセスラインのようなつま先までスカートで隠すデザインが主流になっています。ここ数年は、イギリス王室の皇太子妃がレースの装飾が施された長袖のウェディングドレスを着用したことから、レースをふんだんにあしらった長袖タイプのドレスが人気になっています。また、屋外やレストランで執り行うカジュアルな結婚式向けに動きやすい膝あたりまでの裾が短めのウェディングドレスも人気があり、ドレスのデザインは多彩になっています。

最近は、挙式や披露宴などの儀式にお金をかけずに入籍だけ済ませるカップルが増えてきており、結婚が決まってもウェディングドレスを着ない女性も増えてきました。これは、晩婚化の影響もあり、ウェディングドレスが似合う年齢を過ぎてしまったり、レンタルだけでも何十万もするウェディングドレスにお金をかけることに価値を見いだせないカップルが増えてきたことも原因です。そのため、今後はウェディングドレスは、低価格で品質の良いものが増えてくるといわれています。オーダーメイドのウェディングドレスも、普段は白いワンピースとして着用できるようなドレス部分の取り外しができるようなデザインのものが増えてくるといわれています。また、マタニティ婚でも着やすいエンパイアドレスの種類が今後増えていくと思われます。

最近の指輪とは

銀の指輪

結婚指輪は、マリッジリングとも呼ばれています。始まりは紀元前のヨーロッパからと言われています。最近ではシンプルなシルバーのものやプラチナでできているものが人気です。